長崎総合科学大学附属高等学校タイトル プライバシーポリシー 問い合せ・資料請求 サイトマップ
学校情報コンテンツ
 
トップページながさき私学活性化事業「総大セミナー」


ながさき私学活性化事業「総大セミナー」


☆平成20年度の報告集
↑をクリックしてください

本校では、2年生を対象に総合学習の時間を用いて、長崎総合科学大学の教授による特別授業「総大セミナー」を実施しています。
本校では、長崎総合科学大学の教育活動を高校生の教育にも反映させるべく、総合的な学習の時間に大学と高校の教員が連携し、各学科の特色ある授業を行ってきました。この取り組みは、平成18年度から長崎県が行う「ながさき私学活性化事業」に採択されました。テーマは、「高大連携、体験学習による生徒の学習意欲の増進と高校生による地域還元〜自らの生き方を求めて〜」です。大学でのいろいろな体験学習を通じて幅広い教養を高めさせ、学問に対する興味・関心・意欲の構築を図るとともに進路意識の高揚を図り、生徒の進路選択の一助とすることです。なお、学習で得た知識や技術を地域・保護者・中学生に公開発表しました。

ビジネスゲーム
ビジネスゲーム
情報学部経営情報学科


 仕入れた商品や、材料を加工して作った製品を販売することや、従業員を雇用し、いろいろな経費を支払うということは、会社の活動としてこれからも変わることはないでしょう。また、どのような商品を開発するか、どのような市場で販売するかといった意思決定を迫られる場面も多いと思います。これらの経営活動をどのように行えば良いかということを体験していただくために、付属高校の総合学習のなかで、「ビジネスゲーム」を実施しています。より詳しい内容は、経営情報学科の授業の中で扱いますが、皆さんも是非ゲームを通して経営に触れてみてください。
その他、情報学部経営情報学科の総大セミナー
ネットワーク技術にふれてみる
ロボットのモーション作成と操作実習
ロボットのモーション作成と操作実習
情報学部知能情報学科


 人間のような知能を持って2足歩行するロボットを創り、これを生活や社会のいろいろな方面で人間のために使いこなすことは21世紀でもっとも期待される産業技術の一つです。人間と同じような動作は安心感と親しみを与えてくれます。実習では、ラジコンサーボなどを使って2足歩行ロボットを組み立て、コンピュータで手足のモーションデータを作成してロボットを動かします。自分のイメージでモーションをデザインし、自由に製作したロボットを実際に動かしてみることで、人間の体のしくみや制御の精妙さに対する理解が深まります。
その他、情報学部知能情報学科の総大セミナー
Webモーショングラフィックスの制作
パソコンによる体操アニメーションの作成
日本語によるプログラミング入門
プログラミング入門


船舶海洋試験水槽で船の性能を調べる
船舶海洋試験水槽で船の性能を調べる
工学部船舶工学科


 船は大量の荷物を安価に運ぶのが使命なので、同じ大きさなら、出来るだけ小さなエンジンで要求される速度が出るものが良いわけです。そのためには、船の形を抵抗の少ないものに設計する工夫が必要です。そこで、簡単な船を設計してもらい、船舶海洋試験水槽で走らせて抵抗を計測します。その計測値や波の観測結果から、抵抗を少なくするには船の形をどう変えたらよいか考え、実行し、再度抵抗試験を行います。これを繰り返すことにより、船型と抵抗の関係、さらに抵抗を減らす方法について勉強します。
その他、工学部船舶工学科の総大セミナー
プレジャーボートによる海洋体験学習
3次元CADを体験し、船を造ろう


機械工学科入門および金属材料の脆さ・粘っこさ
機械工学科入門および金属材料の脆さ・粘っこさ
工学部機械工学科


 製造業(モノづくり)において、世の中に役に立つものを造るエンジニア(技術者)を育成しています。
 1.基礎教育の徹底
 2.現象の観察・理解
 3.モノづくり体験学習
 4.パソコン・インターネットの習熟
を教育方針にしております。
について7項目、3について4項目、観察・体験していただきます。特に、金属材料の粘っこさ・脆さが種類によってどのように変わるかについて、実験を体験して勉強します。

日見川流域の環境調査
日見川流域の環境調査
工学部建築学科


 下水道整備により、以前と比べ格段にきれいになった日見川の環境調査を実施しました。長靴を履いて川に入り、ヤゴや手長エビなどの水生生物を採取しました。また、調査結果を踏まえてグループに別れ「子供たちが川で安全に遊ぶにはどのような環境整備・町づくりが必要か」についてのグループごとの意見発表を行いました。身近な川で遊んだ経験が少ない生徒からは「楽しかった」、「町づくりの大切さがわかった」、「建築学科では、家やビルを建てるだけでなく、町づくりについても学べることがわかった」などの感想が寄せられました。
その他、工学部建築学科の総大セミナー
コンクリートのペーパーウェイト作り
スパゲッティトラスの製作と強度実験
日見・網場地区を発見する
長崎・斜面のまち再生と歴史探検


総大セミナーに参加して 〜私の感想〜

楽しい電子工作
楽しい電子工作
工学部電気電子情報工学科
2年1組 槌田 浩喜


 電子コマを製作するにあたって、まずはじめに電子回路や電子部品についての説明を受けました。授業では、理科や物理で習ったことも数多くとり上げられたので、とても分かりやすかったし、身近な製品の意外なしくみも知ったので、いい勉強になりました。また、電子コマを作る時に必要なハンダゴテの操作方法や注意事項の説明を受けた後、練習基盤を使ってのハンダゴテの実践練習は、上手くできなかったけど、新しい経験ができて良かったです。
ネイチャーアート製作
ネイチャーアート製作
人間環境学部環境文化学科
2年5組 山崎 龍大
 私が最初に受けた授業は、大学やその周辺で木の枝や葉などを拾ってネイチャーアートを製作するもので、一番印象に残ったことは、ネイチャーアートを組み立て、それを画像として完成したときです。どのようなものをつくるか、イメージは大体できていましたが、パソコンを使って色を塗る作業では、自分が思うような色にするのが大変で困りました。1度作成した後、気に入らないところがあり、2回目で完成させました。とても楽しかったし、大学へ進学したい気持ちになりました。
その他、人間環境学部環境文化学科の総大セミナー
生物進化のメカニズム
日見地区の史跡について
BSE、バイオトイレ、諫早干拓事業などの調査


 

Copyright(C) High school attached to Nagasaki Institute of Applied Science All Rights Reserved.
長崎総合科学大学附属高等学校 長崎県長崎市網場町536 TEL:095-(838)2413・2414 FAX:095-(837)1902